Menu does not appear
-- SiteMap


放影研ではこんな研究をしています

現在までに分かったこと

1. 被爆者では、特定の臓器のがんが増えています。

2. 高線量被爆者では「がん以外の病気(白内障、甲状腺の良性腫瘍、心臓病、脳卒中など)」も増えています。
3. 高線量被爆者では加齢に伴って現れるのと同じような免疫機構の衰退傾向が見られます。
4. 高線量被爆者では、軽度の炎症反応を示している人が多いようです。
5. これまでの研究では、被爆者の子供への遺伝的影響は認められていません。

6. 現時点までの観察では、被爆者の子供に死亡率、がん発症率の増加は認められていません。

被爆者で増加が見られるがん

白血病のほか、これまでに甲状腺がん、乳がん、肺がん、結腸がん、胃がんなどの増加が知られています。しかし、子宮がん、すい臓がん、前立腺がんのように、増加の見られないものもあります。
1グレイの放射線被ばくによる
がん死亡の相対リスク(1950−2003年)
部   位
相対リスク
白血病
4.1倍
すべてのがん(白血病は除く)
1.4倍
   食道がん
1.6倍
   胃がん
1.3倍
   結腸がん
1.3倍
   肺がん
1.8倍
   乳がん
1.9倍
   膀胱がん
2.2倍
被爆時年齢30歳の人が70歳になった時点での男女平均の相対リスク
(ただし白血病については、若年発症が多いため、被爆時年齢や到達年齢による影響の違いは考慮していない)